2004年06月30日

曇りのち雨のち晴れ

天気予報がハズレたらしいです。

今日は休みでしたが急遽出勤の要請が。
困ったときはお互い様、ちょうど何の予定もなかったからよかった。
けど、いつものようにTシャツ一枚で出かけたら、けっこう曇ってて寒い。
窓の外はみるみる暗くなり雨が横殴り、昼休みに通ったランドマークとクィーンズの間の通路は、ものすごい風で雨が吹き込む。
昼過ぎて忙しくしていて気がつくと、いつの間にかすっきりと青空が広がっていた。
ランドマーク南側の休憩室からは横浜港の海の青とベイブリッジの白がまぶしく、自分の席から北側を望むと横国の屋根がきらきら輝いていた。
雨が降るから晴れがまた気持ちイイんだね、きっと。

夕ご飯のあとに熱いお茶と例のカステラ。
カステラの底についてる砂糖のガリガリがまた甘くておいしい。
1000円もするのに2人でぺろり。

熱くてドキドキするような幸せもいいけど、なんとなく幸せな気分もいいなぁ。
そんな6月の最終日でした。


posted by カオリン at 23:53| Comment(2) | TrackBack(0) | ヨコハマな日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2004年06月29日

「僕たちは、もっと先を見ている。」

いつもは立ち読みしてどっちかを買うかどうか。
今日は迷わず2冊買い。
優勝記事はもっと多くてもいいのにって思いましたが、まぁいいでしょう。
「セカンンドで負けて、さらにチャンピオンシップで負けたらまったく味気ないものになってしまう。」
まったくその通りだ。少し休んでまたがんばろう。そう思ったよ。

再放送で観たポルトガルvsイングランド、すごかった。
だってリカルドったら、グローブ外してPKを止め、自らPK決めるなんて。
サポータのあの緊張感ったら、Jリーグ延長なくなってよかったなぁ。
posted by カオリン at 23:31| Comment(0) | TrackBack(0) | ヨコハマな日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2004年06月28日

カステラ

文明堂カステラまだけっこう売ってましたよ、高島屋オリジナルのカステラ。
1週間ほど日持ちするようなので、ゆっくり味わっていただきます。
それと、ハンズで増田ジゴロウもゲット。

そのあとは、イタリアから一時帰国している元料理人と久しぶりの再会。
台湾料理屋でイタリア話に盛り上がった。どうやらローマ人は最悪らしいですよ。

彼は6/26、あの記念すべき日が誕生日。
たまたま持ってた(?)スポーツ報知に私の顔半分が写っていることを自慢しておきましたが。
posted by カオリン at 23:07| Comment(0) | TrackBack(1) | ヨコハマな日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ヨイン

今日になってどっと疲れがでた。もっと声が出ない。そんな年頃のあたし。
だから今日が休みでよかったわけですが、全身疲労の理由を思い出しては反芻してにやけてしまう昼下がり。

2003年1st優勝は、神戸相手に勝てば優勝のプレッシャーを感じてなかなか得点できず、祐二の1点目で喜び爆発、嗚咽が止まらなかったし、そのあと涙でよく見えなかった。
2003年2ndは、10人での戦いに慣れていたとはいえ、優勝の可能性なんて低かったはず。とにかく磐田に勝ちたい、捨て身で戦えたあの試合、ロスタイムに久保が跳んだシーンや、試合後にオーロラビジョンで見た鹿島の選手の顔、雄たけびを上げ泣き叫んでいた。
その時の空気やみんなの顔は、今でもはっきりと思い出す。

終わったばかりの2004年1st優勝。
リーグ戦だけではない。過密日程のなか、選手はもちろん海外まで遠征に行ったみんな。本当にお疲れさま!

2月のAFCや上海でのA3に始まり、ゼロックスでは磐田に負け、開幕戦ホームで浦和に引き分け、雨で寒かった市原で惨敗し、ナビスコ広島戦も引き分け、一度も勝てなかった3月。
桜の季節にホームC大阪戦で久しぶりに勝利、AFC城南戦は三ツ沢で逆転負け、ホームで負け無しだった新潟に勝利、大分の引き分けはもったいなかったが、ホームでG大阪に勝利、AFCで宿敵城南にアウェイで勝って帰ってきた。
GWの連休中は広島・FC東京・ビンディン・東京Vと連勝し、平日ホームで清水と引き分け、天王山となったエコパでの磐田戦で勝利、インドネシアでスコールの中大勝するも得失点差で予選敗退、ホームで名古屋に勝ち、若手でがんばったナビスコのセレッソ戦も勝ち、ナビスコ東京V戦で2ヶ月ぶりに敗戦したのはまたしても三ツ沢、しかしこの敗戦が薬になったか、神戸・広島・柏・鹿島の4連勝でしかも安4連続ゴール。
5ヶ月で公式戦29試合。

そのうち私が行ったのは19試合だけ。
個人的に職場が変わり土日休みじゃなくなったので悔しいけど、行けたときにがんばるしかないな。これからもずっと。

思えば、今回の優勝は涙が出なかった。
汗に変わってしまって水分がなかったのかもしれないが、目頭が熱くなることはなく、ただただ幸せを感じていた。
泣き虫の自分がどうしてなのかわからないけど、幸福感を噛みしめて笑っていた。このまま死んでしまうような、そんな気もするくらい不思議な感覚だった。

試合の終盤、白い鳥がスタジアム上空を飛んでいたのを見たでしょうか。
大きく弧を描いてホーム側を飛ぶ、その姿をしばらく見上げていた。試合中のほんの短い間だと思うけど。
そのころから不思議な感覚がしていたような、そんな気がする。なんだったのだろう。
posted by カオリン at 14:29| Comment(1) | TrackBack(0) | ヨコハマな日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2004年06月27日

ホーム鹿島戦の巻〜決戦とその後

選手が出てきて応援が始まる。で、あっという間に試合開始。

やはり相手は鹿島。決して楽に点は取れない。
しかもこの暑さの中走り回る選手、ユニのパンツを捲し上げてブルマ状態で太ももがまぶしい。
もちろん我々もきつい。なぜかくしゃみ鼻水が止まらず寒気が。こんなに暑いのに自分がどうもへんだ。
途中、広島リードの知らせに反応する女子たちの声に耳をふさぐ、腹が立ってますます気持ちが悪くなる。
ハーフタイムにぐったり、ただの氷が私をしばし生き返らせる。
後半。俺たちの声をパワーに変えてもらわないといけないのだ。手を上げたり跳ねることができないときは精一杯声を出す。どっちかでもいい、必死で動く、歌う。
安ゴール!うれしくてやたら抱きつく。
でもすぐ切り替えよう。攻めながら守る。誰か痛んだら水を飲んで休憩だ。だいじょうぶ。攻められても失点なんかしない。けど油断はしちゃだめ。
ロスタイム4分。長いけどフライングして勝利の歌を歌うサポータはいない。同時に、後ろから人が押し寄せるのを警戒する。最前列は危険地帯になりかねないから。
待っていた試合終了のホイッスル。1stステージが終了した。

優勝記念撮影の裏側そして優勝。また優勝した。
この時まで封印していた、ダレカピョーンを思いっきり歌う。
一度はS太郎さんにしがみついて柵に上ったが、後ろの人が見えなさそうなので降りる。シャンパンが早くも登場。目の前に選手のお立ち台が設置されていく。ものすごく近い。
あっ、選手が来た。近すぎて握手ができる距離なのに、あまりのかっこよさにどこを見ていいのかわからない。娘を肩車した久保がはにかんだように笑い、ドゥトラの子供は今にも泣きそう。奥や柳、遠藤や直樹、みんな子供かわいずぎ。選手がまぶしすぎて、子供ばっかり見ていた。
今日は涙も出ず、放心状態。
この幸せを受け止める体力しかどうやら残っていない。この時点では。

トリポイ隣の祝勝会場にてダレカピョーンを歌いながら、笑いながらゆっくりと片付ける。
みんなでジャイアントジャージを背負って西ゲートへ行き、蛇腹にたたみその場に寝転がる。
噴水広場ではなく、駐車場方面の橋でビールかけをしていた。
フロント側で用意してくれたというトリポイ隣の祝勝会場へ向かい、TVKの放送を見る。ジュースを飲んでチョコレートを食べる。ここでだいぶ体力が回復してきた。
一旦合同祝勝会会場の庄屋へ向かうも、定員一杯ということで、またしてもトリポイ隣へ戻り、試合を観てからお呼びがかかった白木屋へ移動。
そんな移動の間にも、マリサポとすれ違えば歌い、一般の人に「おめでとう」と言われては歌う。

白木屋もほぼマリサポだった。
ダレカピョーンばかりでなく、新旧すべてのマリノス応援歌や個人の歌、次から次へと歌われる。誰かが歌うと体が反応してしまう。知らない人たちも多いけど、みんなサポータつながりなんだ。
あんなにばててたのに、休憩と水分と優勝によって体が元気になっているのがわかる。
最後に恒例のカラオケボックスで、歌わずにテレビを見ながらおしゃべり。スパサカ終了後に解散。

長くすばらしい1日が終了。
あんど、2004年のファーストステージが終了した。
選手もサポータも監督もフロントも、みんなお疲れさまでした!
posted by カオリン at 22:40| Comment(0) | TrackBack(2) | 試合へ行ってきました | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ホーム鹿島戦の巻〜決戦前

この日、正直言って寝坊した。
出足が早いのは予想がついていたので、シート貼りのときのように始発のつもりでいたのに…起きたら6時。
牛乳飲んで身支度だけして家を出た。

7時ちょっと過ぎに到着。やはりものすごい人。列は既に折り返して坂を下っている。
今日のために作成されたトリコロールの旗、塩ビに取り付けたりの作業をしつつも、どうも落ち着かない。
そわそわそわそわして、応援歌を歌いだしたり、飲めないお酒を飲んでしまい、テンションがあがりっぱなし。
こんなのは自分でも珍しい。今日休みがもらえなかったら、ホントはまだ職場にいてこの雰囲気も知らなかったんだ、と思うと幸せ感が増大していることが原因のひとつだったと思うけど。
11時にサポミが始まった頃にはあきらかに酔っぱらい顔。顔は赤いし汗はかくし。

12時に開門。いつもの場所、ゴール裏中央から少し左に場所をとる。
開門まではアウェイ側に陽があたってカワイソウだったが、スタジアム内ではホーム側にがんがん陽があたる。椅子は熱熱々、飲み物は沸騰しそうな勢いだ。
お酒がぬけないのと熱射病の予感でコンコースに避難するも、避難民が多くてこっちは息苦しい。朝から飲み物しか口にしていないので、気持ちも悪くなりそう。う〜

blogger自己紹介で脱いでいるのは…テンションと体調が反比例の状況に陥り、しばし人気のない場所で安静にし、復活。13時回ってしまったが26Eのゲートへ向かう。
そう、bloggerオフ会のようなものへ。
緊張しつつそれらしいみなさんに近づき、暖かく迎えていただきました。
じゅうぶんに予習していなかったため、サイトとお名前とお顔がなかなか一致しなくて困っていると、超人気サイトの門旗さんや、三ツ境マリンタワーlocoさんが登場。盛り上がりそうになりつつも、そののりについていけない空気がちょっぴり。新潟アウェイバスでお隣だった發蚤男さんと再会できたり、初対面だったけどfuumiiさんといろいろお話しできたりして楽しく過ごさせていただきました。
それぞれの応援があるので短い時間でしたが、企画してくださったkosabeさん他、みなさんありがとうございました。

さぁ、いよいよ決戦が始まる。
posted by カオリン at 21:43| Comment(6) | TrackBack(6) | 試合へ行ってきました | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

一夜明けて

目が覚めたら、昨日の事が夢だったような気がした。

仕事前に新聞を買うため、いつもより早く家を出る。
どんよりとした曇り空。日曜日のみなとみらい、朝は人通りも少なく静まり返っている。
コンビニでスポーツ新聞などを手に取り、「優勝」の文字を見て少し実感がわいた。

気がつくと自分の左腕、リストバンドの日焼けの後がくっきり残っていた。

そして職場ではみんなに祝福された。
「みなさんのおかげです!」と話す声がかすれている。

まぎれもなく昨日は優勝したんだな、うん。
posted by カオリン at 09:02| Comment(2) | TrackBack(8) | ヨコハマな日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2004年06月25日

あと1日

夜は仕事のミーティングが22時近くまであった。

明日が休みにならなかったら、かなりイライラしていたことでしょうけど、今日しっかり仕事して、明日しっかりマリノスに専念できるからだいじょうぶ。
忙しく過ぎていく一日がこんなに気分がいいとは。
日頃の行いがいいって、す て き。

興奮してなかなか眠れない。今夜はそんなマリサポがたくさんいるだろう。
明日のために眠ろう。明日のために夜なべして作ろう。明日のために飲み明かそう。
きっとそれぞれが明日のことを考えているんだろう。

選手もスタッフもサポータもボランティアも。
そこに関わる全員が全力を尽くす。
けっしてあきらめない。けっして後悔しないために。

いよいよあと1日。
posted by カオリン at 23:34| Comment(0) | TrackBack(0) | ヨコハマな日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

土下座

まではしませんが、そうとうお願いして明日は休み!

「思うぞんぶん応援してきてください」とまでおしゃっていただき、ご期待に添えるよう努力させていただく所存でございます。

やっほー
posted by カオリン at 13:00| Comment(1) | TrackBack(1) | ヨコハマな日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2004年06月24日

あと2日

仕事帰りにシート貼りの繋ぎに飛び入り参加。

試合前々日の夜19時過ぎ、やたらと人がいる北ゲート付近。
まるで当日の開門5時間前ってところかな。
去年の2nd最終節より列は短いような気はするけど、個人やグループの代表というより、今回は各グループごとの人数が多い感じ。

暑くもなく寒くもなく心地よい風が吹く。
少々暗いのが難点だけど、飲む人食べる人何か作る人、みんな楽しそうでいい。
あまりにいいのでずっとここにいたい気分。

なお、合同祝勝会にも団体様で参加させていただくことになりました。
フライングして「とりあえず生100杯!」って言わないようにします。

あと2日。テンション、徐々に上がってまいりました。
posted by カオリン at 22:43| Comment(0) | TrackBack(0) | ヨコハマな日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ビラ配り@桜木町

毎週木曜日は500円のカレー、食べてから桜木町駅へいってきました。

サポミではマリノス君なども配置するということでしたが、黒いTシャツのスタッフと青いTシャツのマリQたちのみ。
フロントの佐々木さんに聞くと、サポータの人も誰もきていないということでした。

通る人はいるけど、もっと仕事帰りとか多いときを狙ったほうがよかったかもなぁ。
横浜駅西口に期待ですな。

以上。ほやほやレポート。あ、写真撮ればよかったっ
posted by カオリン at 13:58| Comment(0) | TrackBack(0) | ヨコハマな日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2004年06月23日

あと3日

どうでもいいこんな日が休みで、土曜日が仕事ってまったく。

横浜のLOFTやハンズで役立ちそうなものを見て回ったけど、おめでたい感じばかりでぴんとこない。
adidasのかわいいカットソーをみつけたが、我慢しておこう。
巷はまもなくバーゲン。年々早くなる。
探し続けてるサンダルはお得にゲットできるでしょうか。夏も終わっちゃうよぉ。
さっき我慢と思ったのに、CKBのニューアルバムは衝動買い。
近頃の横浜サウンドはこれでしょう。

そんな横浜の街を歩いても、人通りが多いのにマリノスのにおいはしない。
明日はここと桜木町でビラ配りがありますよ。
 13:30〜14:30 桜木町駅前
 15:30〜16:30 横浜駅西口交番前
サポータもお手伝い可能なので、ふるってご参加ください。
せめて明日が休みだったらよかったのになぁ、まったく。

あと3日とせまり、明日の夜からシート貼りもはじまる。
祝勝会の話題もではじめた。
もう優勝した気分になってしまう自分と、浮ついちゃいかんまだわからんぞと冷静な自分がいて、少々情緒不安定な一日。
休みでだれともしゃべらないとテンション低くていけませんな。
posted by カオリン at 23:59| Comment(0) | TrackBack(0) | ヨコハマな日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

最終節へ向けた告知いろいろ

横浜FマリノスオフィシャルサイトのNEXT HOME GAME
6/26当日のイベント情報や、当日発売されるグッズ情報(Tシャツとか)がアップされました。
入場予定者数は、本日現在41,122人。SSとSBは残りわずか。
なお、優勝時にはスポンサー協賛の抽選があり、チケットの半券が応募券となりますので、あらかじめ住所や名前を記入の上もぎられるようにしてください。

昨日開催されたサポーターズミーティング
特別な企画や手伝いの要請はないようですが、ゴール裏で広げるフラッグやたすきの位置が今までと少し変更があるようです。
自分の場所がフラッグにかぶってしまうのか、たすきに入りたい入りたくないなど気になる方は、当日11時〜北ゲートでのミーティングにぜひ参加してご確認ください。
そして、優勝したあとには噴水広場にサポーター集合!

マリノスbloggerのオフ会をtricologさんが企画。
三ツ境マリンタワーさんのお陰で、マリノス関連のblogがとっても多いことを知りました。こんな私のサイトまで住民になっていて感激です。
そんなbloggerのみなさんが6/26のE26ゲートに13時集合されるとのこと。みなさん初対面なので緊張しますが、私もなんとか参加できるとうれしいな。
posted by カオリン at 13:46| Comment(0) | TrackBack(0) | ヨコハマな日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2004年06月22日

あと4日

サポミ@トリポイ
最終節に向けて、今回は「これやります!」というグループがあまりない。
みんな優勝慣れしてきたのか。それとも隠しているのか。
「紙吹雪なんてやってはいけない」とか「試合前に飲み過ぎないようにする」とか、どう考えても逆のことを宣言しているので、ますますもって怪しい。

自分たちのグループでも何かやりたいが、少人数ではなかなか。
時間もないし、と思ったが、優勝なんていつも突然だ。
どうもこれぞというひらめきがないが、いきおいでやっちゃいましょう。

しかし優勝するかどうか。
気合いを入れて「勝つ!」と言ったところで、勝負は最後までわからない。
口で言うだけじゃなく、のりだけじゃなく、必死でひと暴れするのが最優先である。

あと4日でその時が来る。
posted by カオリン at 23:33| Comment(0) | TrackBack(0) | ヨコハマな日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

やられましたぁ

というか光栄です。
みんなもう〜ちださんのサイトへいって、野毛で盛り上がりましょう!
ということで野毛カテゴリー作っちゃいました。

MOVABLE TYPEは、3.0の日本語版待ち。やっと7月に出そうですね。
その時はカスタマイズとかいろいろ教えてください>まさとさま
posted by カオリン at 10:43| Comment(2) | TrackBack(1) | おれたちノゲラー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2004年06月21日

あと5日

朝は青空が広がっていたのに、午後気がつくとものすごい風と雨。
傘がない人負け組〜と騒いでいたが、帰る頃には雨は少なく、強風のみなので傘なしのほうがかえって楽ちん。

職場で忙しく過ごしているとあっという間に夕方、定時で仕事は片付けて最終節のことはそのあとたっぷり考えることに。
きっちり切り替えられるから忙しい方が助かる。

さて、近所のセキチューでなにかないかあさる。
大きな布として使えそうなシーツ。工事現場の赤白の棒。青くて大きな浮き輪やビーチボール。トリコロールのビニールテープや紙テープ。
思いを巡らせるだけでも楽しんでいる自分がいた。

選手は本番へ向けて、心身ともに十分な休養をし、適度に筋トレや練習をするだろう。それが仕事だし、すべては最終節26日の90分のために。
私たちサポータの多くは、日々の生活をしながらも、その日のためにそれぞれの準備をしていることでしょう。われわれは夢を見たりしてもいい。その夢のためにそれぞれが全力を尽くせばね。
あと5日しかないが、5日もあるよ。
posted by カオリン at 22:50| Comment(0) | TrackBack(0) | ヨコハマな日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2004年06月20日

あと6日

今朝のチームミーティングで「他に何かいいたいことある人?」に対してみんなから「マリノス勝ちましたね〜」の言葉。自慢げに両手でピースする。言いたいことを言われてしまった。

最終節の日は、休みではない。
ベイスターズファンのSVさんには、優勝のかかる試合の大事さを今でも忘れないし、自分がその時に早退できなくなるという理由から、休ませてもらうことはできなかったが、早退はOKもらえた。
この人、一時は外野でトランペット吹いてたくらいなのだ。思わず「うちで吹きませんか?」とスカウトしましたが。

あと6日。当日の予定が立ったところで、応援以外に自分にできることを思案中。
posted by カオリン at 23:25| Comment(0) | TrackBack(0) | ヨコハマな日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

柏の葉の巻

17時。小難しい案件にはまっていたところ、「そろそろ青くなってもいいですよ」と職場の人にけしかけらる。着てるTシャツは白いけど気分はとっくに青である。
17時半。速報サイトでいつまでも0-0だった数字に変化があり、そのまま終了した。小さくガッツポーズ。
18時5分前。私が言わなくてもタイムシートにサインをしてくれたので、18時にはみんなに見送られ「ひと暴れしてきます!」とロッカーに向かう。

東海道線で人身事故があり遅延らしかったが、さほど影響も受けず予定通り柏駅には19時半着。タクシーに乗ると語る運転手さんだった。
つい数ヶ月前に奥さんを亡くして長く勤めた会社を辞め、休養をしていたがタクシー会社に就職し、私は2番目の客だったそうだ。気持ちが既にスタジアムなのではじめは上の空だったが、あまりに重い話で軽くは受け止められない。健康第一、生きているうちにせいいっぱい楽しむ。そんな結論に達した頃、スタジアムの関係者入り口に到着。

ほぼ柏のゴール裏側のはずなのに、「ダレダレーダレオー」が大音量で聞こえてきた。横浜の応援だ、かっこいくて誇らしい気分になる。猛ダッシュでアウェイ側のゲートを入った頃に前半終了。ここまで確認しなてこなかったが、まずスコアボードを見る。0-1で勝っている。仲間のもとへたどり着くと、みんな既にへとへとになりながらも笑っている。やっとこの場所にこれた。

後半。めずらしくゴールは反対側。早々に柏の選手が退場になり圧倒的に優位に立つ。好調の安貞桓がゴール!仲間とハイタッチだけじゃなく近くの若者たちとも抱き合って喜ぶ。このままイケイケのムードが漂う中、CKからまさかの失点。選手もサポーターもこれで気が引き締まってかえってよかったのかもしれない。攻めながらも1店差を守りきり試合終了。私にとってはあっという間だった。

これで首位。最高の気分。今日は今日で喜んで帰るけど、来週の今頃はこれ以上に喜べるように。盛大な祝勝会ができるように。

帰りはびゅうリップ号に輸送してもらった。
posted by カオリン at 19:53| Comment(0) | TrackBack(0) | 試合へ行ってきました | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

柏より帰還

渋滞の首都高を抜けてベイブリッジを渡るころ、みなとみらいの夜景が見えてくる。
ほんの5時間前にここにいて、帰ってきた。ただいま、横浜。

この街のJ1のチームは私たちを楽しませ、苦しませ、熱くさせる。
そして本当に日本一幸せな気分になれるかどうか、1週間後に決まる。
それまでにできることやれること、明日から考えよう。
今日はおやすみなさい。
posted by カオリン at 01:02| Comment(0) | TrackBack(0) | ヨコハマな日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2004年06月19日

ひれカツ定食

お昼のメニューに迷っていたら、職場のみんなが「今日はカツがいいんじゃない?」ってすすめてくれた。
いやいや、私がすでに仕事どころじゃないことを知られているのね。

ひれカツ定食と高麗人参、あとは体ひとつでひとあばれしにいくだけだな。
posted by カオリン at 15:51| Comment(0) | TrackBack(0) | ヨコハマな日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。