2005年10月25日

蘇我とか新潟とか

なかなか勝てないマリノス。
あとちょっとなのに、どうしたものか。

私は、どちらの試合もいつもとちょっと違う場所で応援をしてみた。
深い意味はない。少しおとなしい場所へいってみると、自分の声がよく聞こえる。
恥ずかしいけれど、やらなきゃいけない、って気がするからかも。

蘇我では、緩衝地帯の真横で旗を振れるスペースがあった。
いつもはきっと「見えない〜」といわれる場所なので、ここぞとばかりに300円で買った旧バージョンの旗を試合中も振り続けた。

新潟では、小さい子供連れの家族の隣、その向こうはバンデーラゾーンだった。
小学生くらいの男の子が、私を見上げて同じように跳ねたり声を出してくれる。
お兄ちゃんのそれを見て、もっと小さな弟が一緒にやりたくてお母さんの手をすり抜けてこっちへくる。
小さなその応援は、大人の男の人にはかなわない。それでも、彼らがやるとやらないではきっと違うだろうと感じた。
帰りにお母さんと話したが、新潟にお住まいだということ。彼らはマリノスが来るのを楽しみにしていたのだ。

毎週毎週マリノスを応援できる、私は幸せものだなぁ。
なかなか勝てなくても、すごく悔しかった分、いつか勝てた時の喜びがどんどん大きくなるんだし。

社長の作文では「我慢の時」といっています。
そうだね。ここを乗り越えてこそ、もっと強いマリノスになれるはず。

それぞれの思いがあり、それぞれのできることを、それぞれのスタイルでやる。
悔いのない応援をすれば、いつかきっとすごいことがあるはず。

次は国立でホームゲーム
今度こそSHEVAで祝勝会だー


posted by カオリン at 13:42| Comment(1) | TrackBack(0) | 試合へ行ってきました | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年10月12日

まずは仙台と

11月3日(木・祝)13時〜 三ツ沢
天皇杯4回戦の対戦相手はベガルタ仙台に決まりました。

私がマリノス見始めた98年のことを思い出したりしちゃうと、うへーって感じです。
そう、当時はブランメル仙台。

つい最近もイヤな思い出があったりする天皇杯、毎年言ってる気はするけど
あえて言うと「今年こそは元旦を国立で」

その前に、「私を長崎に連れてって」とも言いたい。
posted by カオリン at 23:59| Comment(2) | TrackBack(0) | ヨコハマな日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年10月10日

場にかかわる

「場にかかわる」というポスター見たことないでしょうか。
スタッフの人のTシャツにもかかれているこの言葉、ちょっと印象的でした。

何のスタッフかと言うと、横浜トリエンナーレ2005です。

3年に一度おこなわれる現代アートの祭典、9/28〜12/18まで開幕。
場所は山下埠頭3号4号上屋や、山下公園、中華街にも作品があります。

この埠頭の倉庫あたりは普段入れない場所なので、ここからのみなとみらいやベイブリッジのロケーションは貴重なので、そういう意味でも行く価値あり。
いい雰囲気のカフェや、展望しにくい展望台なども作品のひとつだったりします。
しかも、倉庫が間近に見れるとなんだかあぶ刑事気分にもなれるのです。

私は先日10/8に少し見てきました。
夕方だったし、きっとまた何度もくるのでフリーパス3500円を購入。
当日券は1800円なので、2回もくればもとが取れるし、映画1本分でかなり楽しめます。
っていうか、1日だけだはもったいない!

倉庫内外のアートたちは、わけのわからないものもありますが、見応えは十分。
中でも横浜ウォーカーにも紹介されていた「波止場の伝言〜million mama〜」という作品はわかりやすい。
ナカニワに並んだ8台の電話ボックス。ベルが鳴っているので受話器を取るとお母さんからの電話なのだ。
148人のお母さんが協力したという。
延々と話し続けるお母さんもいれば、娘を心配して語りかけるお母さんの声など、笑えたりじーんときたり。

051008.jpg会場入り口の山下公園から本展示会場の倉庫までのプロムナードは、写真のように紅白の三角旗が見事に並ぶ。
マリサポなら「トリコロールだったらもっといいのに」と思うはずだけど、青い空だった時にはトリコロールを見ることができちゃう。
暗くなってから逆のルートを歩くと、トリコロールのマリンタワーへ向かって歩くことになりすごく気分がいい。
さすがヨコハマである。
試合のない日や、金曜日は21時までやってるので、ぜひおすすめです。

「場にかかわる」というコピー通り、実際に参加して体験できるアートがたくさんあります。
愛地球博よりもおもしろい、かもよ。
posted by カオリン at 23:13| Comment(0) | TrackBack(0) | ヨコハマな日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

終わらない歌

1ヶ月以上更新しなかったこのブログ。
書くことがなかったわけじゃないし、忙し過ぎたわけでもないのです。

そうそう、ここ見てくれていた私の父へ。
妹の情報によると「生活が乱れてるんじゃないか」と心配してたそうですが、そんなことないのでご安心を。
平日の仕事は帰りが遅いけどちゃんと睡眠とってるし、週末はサッカー+スポーツバーで朝までが普通です。
けっして乱れてなんかないよ。

そうそう、ここを見てくれていた他サポのみなさんへ。
マリノスが低迷しているから、ではけっしてないので、そこのところよろしく。

何をここに書くのか、私から何を発信しようかを迷っていました。
けど、、またぼちぼち書きます。書きながら考えることにしました。

なんといっても、発信したいことがあるんです。
横浜の中心から。
ゴール裏の中心から。

くだらないことでも、だれかの心にひっかかるかもしれない。
しつこく同じことを書くかもしれないけど、ボディブローがきいてくるかもしれない。
世の中何が起こるかわからないからね。

終わらない歌を唄おう、僕や君や彼らのため
終わらない歌を唄おう、明日も笑えるように
posted by カオリン at 12:11| Comment(2) | TrackBack(0) | ヨコハマな日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。